NBAバスケットボール選手別動画

アメリカのNBA( National Basketball Association )プロバスケットボール協会のスタープレーヤーの映像を集めました。また、NBAのダンクシュートの特集映像など、迫力満点のアメリカン・バスケットのスーパープレー、ハイライトシーンを、YouTubeより選び紹介しています。

 

タイソン・チャンドラーのハイライト映像を紹介します。

 

タイソン・チャンドラー(ニューヨーク・ニックス、センター、2012金メダリスト)について

 

ディフェンスで才能を発揮するビッグマンで、恵まれたサイズと俊敏性でリバウンドを量産する。特にオフェンスリバウンドの争いでは無類の強さを誇る。オフェンスではダンクシュートを主としており、忘れた頃にやってくるアリウープダンクは、相手チームにとっては脅威である。

 

出典:ウィキペディア

 

 

ラッセル・ウェストブルックのハイライト映像1です。

 

ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティー・サンダー、ポイント・ガード、2012金メダリスト)について

 

フォワード並みの上半身とリーグでもトップクラスの身体能力を持つスラッシャータイプのポイントガード。1on1から積極的にペイント内に切れ込んで得点や引き付けてパスを狙いオフェンスを組み立てるのを好む。スピードに乗ったドライブからのワンハンドダンクは一級品で、またボディバランスにも優れており自身より身長もパワーも上回るプレイヤーがブロックしに飛んできてもレイアップをねじ込むことができる。

 

出典:ウィキペディア

 

ケビン・デュラント(オクラホマシチィー・サンダー、スモール・フォワード、2012金メダリスト)のハイライト映像Part2です。

 

クリス・ポール(ロサンゼルス・クリッパーズ、ポイント・ガード、2012金メダリスト)について

 

ゲームの流れを正確に把握し、チームの方向を的確にコントロールする正統派PGのひとり。若くして強力なリーダーシップと鮮烈な能力を発揮する司令塔。2007-08シーズンに20得点・10アシストをマークし、超一流PGであることを証明した。スティーブ・ナッシュやジェイソン・キッドを追い抜いて現役No.1PGの呼び声が高い。

 

出典:ウィキペディア

 

カーメロ・アンソニーのハイライト映像です。

 

カーメロ・アンソニー(ニューヨーク・ニックス元デンバー・ナゲッツ、スモール・フォワード 2012金メダリスト)について

 

ジャンプショットを中心としたスタイルで得点を稼ぐリーグ屈指のスコアラー。1オン1スキルに非常に長けており、特に左右へジャブステップでフェイクをかけ、相手を揺さぶり、ボールが低い位置にあるところからのジャンプショット(プルアップ・ジャンパー)は圧巻と言える。身体能力に恵まれており、素早いペネトレイション(特に一歩目の加速力はリーグでも屈指とされる)からの両手ダンクなども得意で、チャンスとあらばアリウープダンクを狙う。フィジカルも強くポストプレーも得意とし、ゴール下でも強さを発揮する。

 

出典:ウィキペディア

 

ジェームス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ元オクラホマシティー・サンダー、ポイント・ガード 2012金メダリスト)について

 

攻守にほぼ弱点の無いレフティーのオールラウンダー。ポジションはSGだが状況に応じてPGやSFまでこなすことができる。オフェンスでは様々な引き出しを持ち、ピックアンドロールを使いオフェンスを組み立てるのを好む。ドライブから引き付けてのパスや独特のリズムでのレイアップに持ち込んで得点するスラッシャーとしての一面もあれば、守りにくいとされる左利きで外角からの非常に正確なジャンパーを放つシューターとしての一面もあり、そしてPGとしてゲームメイクすることができる。

 

出典:ウィキペディア

 

レイジョン・ロンド(ヒューストン・ロケッツ (ボストン・セルティクス、ポイント・ガード)について

 

高い運動能力を利用し、自身で切り込み、リバウンド数を稼ぐこともできるスラッシャータイプのポイントガードである。 ポイントガードながらセンタープレイヤーと張り合い2桁のリバウンドをとり、トリプルダブルを記録することも珍しくない。また、高いジャンプ力を生かして、ダンクをフィニッシュパターンに持ってくることもでき、チップインを決めることさえある。

 

出典:ウィキペディア

 

レブロン・ジェームス(マイアミ・ヒート、スモール・フォワード、2012金メダリスト)の2011年〜2012年のハイライトシーン映像です。

 

ドウェイン・ウェイドのハイライト映像、Part4です。

 

シカゴ・ブルズ、デリック・ローズのハイライト映像 Part1です。

 

デリック・ローズについて

 

学生時代から注目を集めた選手で、2008年のNBAドラフトで出身地のシカゴに本拠地を置くアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAチームのシカゴ・ブルズに全体1位指名で入団した。

 

出典:ウィキペディア